BLOG

ブログ

お仕事や風邪気味、喉の調子が悪いなど、マスクをしないといけないシーンがあると思います。
しかし、女性の方はどこまでメイクをすればいいかわからないことも多いですよね。
今回はそんな疑問にお答えします。
少しのお出かけの時に役立つすっぴん風メイクや、温泉上がりのメイクなどでも使えるメイク術です。
ぜひ参考にしてください。

 

こんな方におすすめ

  • お仕事でマスクをする
  • マスクをする機会が多い
  • すっぴん風メイクが知りたい
  • 温泉上がりにメイクをするか悩む
  • マスクの時にメイクをするか悩む

 

マスクをする時は逆算したメイクをする

マスクをするときはメイクに悩みますよね。

いつものメイクをするとマスクにファンデーションやチークがついてしまったり、リップも塗ればいいのかどうかすごく悩むと思います。

マスクをするので「あまり化粧をのせたくないし」かと言って「メイクを全くしないで出かけるのも無理だし」という感じになりますよね。

結論から言いますが、こういうときは逆算をしたメイクをします。

どういう事かと言いますと、拭き取りローションだけで落とせるメイクをします。

つまり、メイクを落とすときのことを考えます。

マスクをする時や少しのお出かけのすっぴん風メイクお風呂上がりメイクなどは、フルメイクしてしまうと落とすのがまた面倒ですよね?

こういう時は、メイクをするのはお肌と目もとだけです。

 

メイクをするのはお肌と目もとだけ

お肌はクッションファンデーションを使う

まずはお肌ですが、ここで活躍するのがクッションファンデーションです。

クッションの中に潤い成分とファンデーションが入っているので薄くてもツヤが出ます

クッションファンデーションのつけ方ですが、お顔の側面にはつけずに中心にだけつけます。

いつもの半分ぐらいの量のファンデーションを、頬骨から上のゾーンを中心にのせます。

特に、目の下のゾーンは少し多めにのせてください。

そして、目の周りおでこなどに薄く伸ばします。

このときも側面まではいかずあくまでも中心のみでOKです。

最後に目の下のゾーンにまたファンデーションを少し足します。

これでお肌は完成です。

目の下のゾーンは少々厚塗りでも構いません。

ファンデーションはそれだけで十分です。

要はマスクから見えているお肌がキレイなことが大事です

 

目もとはまつ毛が重要

目もとはまつ毛にカールキープ下地をつけて、ビューラーでしっかりと上げるだけでOKです。

カールキープ下地を使ってしっかりと自まつ毛が上がれば、マスカラなしでも効果はあります

まつげエクステをしている人は何もしなくても大丈夫です。

さらに、物足りないやバージョンアップさせたい人は、目尻の3分の2ぐらいまでに軽いタッチでアイラインを入れてもOKです。

その場合はまつ毛の隙間を埋めるようにペンシルでアイラインを入れましょう。

色はブラウンがオススメです。

なので、

・まつ毛をビューラーでしっかりと上げる
・まつ毛の隙間を埋めるようにアイラインを入れる

この2つだけで目もとはキレイに見せることが出来ます。

ただし、眉が薄い人はアイブロウパウダーでさっと描いてください。

これもいつもより薄めで大丈夫です。

最後の注意点としては、コンシーラーは使わないようにしましょう。

そもそもコンシーラーは使いこなすのが難しいアイテムです。

マスクメイクの時は必要ありません。

これぐらいだとメイクをした感じがありません。

これで完成です。

そのあとは、拭き取りローションでさっと拭き取るだけでオフ出来ます。

逆に言うと、拭き取りローションで落とせないぐらいのメイクは濃すぎるということですね。

この2つだけをしていれば、目は大きく見えるし、ナチュラルなメイクをしている感じも出ます。

 

自分の中でのすっぴん風メイクを見つける

マスクをするときや、お仕事でマスクをしないといけない方もこれで大丈夫です。

普段よりは薄いメイクになると思いますが、マスクをしているときは周りから「今日メイク薄いね」とはなりません

むしろマスクをしている時に普段のメイクをしてしまうと、厚化粧感が出ます。

これは、人は隠れている部分を想像してしまう生き物なので、目もとが濃いと厚化粧だと思ってしまいます。

この方法は、少しのお出かけの時のすっぴん風メイクや、温泉に行ったときのお風呂上がりメイクでも使えます。

普段のメイクとこのメイクの2つを使い分けることが出来れば、いろんなシーンに対応できると思います。

いろんなシーンに対応できれば、キレイでいられるシーンが増えるということですよね。

 

今回のまとめ

マスクをする時のメイク術は、拭き取りローションで落ちる逆算したメイクをしましょう。

メイク方法は、

・クッションファンデーションをお顔の中心につける
・目もとは自まつ毛をしっかり上げる

この2つでOKです。

補足としては、

・目尻から3分の2までペンシルでアイラインを入れる
(色はブラウンでまつ毛の隙間を埋めるように)・眉が薄い人はアイブロウパウダーでさっと描く・コンシーラーは使わない

ということです。

この方法でやってみてください。

いつもよりメイクが薄くてもマスクをしていると「薄化粧感」は出ません。

自分ではいつもより薄い感覚があるかもしれませんが、こういうシーンはメイクは物足りないぐらいがちょうど良いです。

その感覚も身につけましょう。

最後に、新しくメイクを取り入れる場合は練習が必要です。

1度やって上手くいかなかったからといってあきらめずに、何回もチャレンジして自分がいいと思う方法を見つけていってください。

ではまた。

 

関連記事一覧